top of page

【基礎編】『ソフトウェアテストマトリクス』

本日はソフトウェアテストマトリクスについて、ご説明させていただきますので、最後までお付き合いをお願い致します。

ソフトウェアテストマトリクス

目次


ソフトウェアテストマトリクスについてのご説明


1. |マトリクスの重要性


ソフトウェアテストマトリクスの重要性について、ご説明したいと思います。弊社では、テストケース作成時にソフトウェアテストマトリクスを作成します。

なぜ作成する必要があるかを、ご説明致します。テストケース作成時に、漏れを防止する為の1つの手段であると認識しています。

テストケースを作成していると、色々考えながら作成している為、頭の片隅にあっても、忘れてしまう事があります。

メモしていれば後で思い出すかもしれませんが、極力忘れたくないので、その為にテストマトリクスを作成していれば、思い出すことも可能です。

またテスト実施項目一覧を作成し、確認内容を記載することで、どこの項目でどんなテストケースを実施していたか、即確認することが出来ます。

プロジェクトリーダに質問されても、回答する事ができますし、担当者同士でも情報提供が出来るので、非常に有効的な手段の1つであると認識しています。

マトリクスの記載方法も多種多様ですが、開発プロジェクトに合わせて作成しているが現状です。

機能・観点マトリクス、状態遷移表がお勧めです。


2. |パターン漏れを防ぐ有効な手段


・不必要なテストパターンを減らす。

全組合せを網羅する必要があると思いがちですが、無意味なテストケースは作成する必要はありません。マトリクスを作成することで、必要なパターンだけを洗い出す事が出来ます。

・異常系テストが不足している。 例えば、「数値の項目にカタカナを入力する」、「接続中に電源再投入したら」等、異常系のパターンのテストが不足しているケースがあります。

実際のシステム運用では、想定していない事態は頻繁に起こります。異常系テストが不足していると、その様な時に対応出来ないソフトになってしまいます。

過不足なく適切なテストケースを作成するには、手法を体系的に学ぶ必要があります。



3. |異常系パターン


・最小値・最大値、最小値-1、最大値+1

アプリケーションの仕様によって、入力可能な数値や文字長の最大値・最小値は決まっています。値を超えた場合の動作について検証します。

※境界値に分類されることもあります。

・少数

浮動小数点のように、桁数が大きなデータを扱うと丸め誤差が生じてしまうものをテストします。

・空文字・スペース・ゼロ・NULL

プログラムは「データが存在しない場合」や「NULLを参照した場合」に誤動作が発生しやすくなります。

・入力されることを意図していない文字種

数値の項目に漢字を入力する、氏名の項目に記入を入力するなど、本来は入力されるべきでない文字種に対してバリデーションが機能していることを検証します。

・うるう年、存在しない日付・時刻

日付の項目にうるう年を入力し、正しく扱えることを確認します。存在しない日付・時刻を入力した場合の動作について確認します。



4. |まとめ


高品質の製品をリリースする為には、本日ご紹介した手法を使用して、効率的な方法でテストケースを作成しましょう。


参考資料

#ソフトウェアテストマトリクス

Comentários


特集記事
最新記事
bottom of page