サービス一覧

​第三者テスト

タッチフォンを使用して

設計者と評価者を分けると、品質が安定します。

「目的の明確化」が成功の鍵と考えています。設計者は、設計作業に専念する。​

​評価者は、品質確保に向けてテストする。目的が違う為、別担当者が実施した方が品質が安定します。

 

​効率的な方法を再検討して、品質向上と原価低減を意識したプロジェクト運営を目指しませんか?

​弊社で実施している具体的なサービス内容について、ご説明致します。

​①テスト設計書作成

テストケース作成に伴い、マトリクスを作成し、全体規模を把握致します。テストパターン漏れ防止にも繋がり、

​全体像が把握できます。

■事例

 

②機能テスト

問題点を共有して頂くために、進捗報告を実施し、効率的に作業を実施致します。

■事例

​スケジュール厳守で、高品質な製品をリリースする為に、問題点の有無に関わらず日々報告することで、状況を正確に把握して頂きます。

様々な問題が発生した際に、問題点をきちんと把握し、正しい対策を実施しないと、問題が先送りになり、結果的にスケジュール遅延が発生します。お客様も含めて、発生している問題を認識して頂くことで、正しい対策を実施し、リカバリー策も含めて対処致しました。

 
 

③非機能テスト

各フェーズ毎に会議資料を作成致します。

■事例

会議資料(試験仕様書、試験成績書)の作成、不具合分析結果取り纏め、考察を記載致します。​各フェーズで会議が実施される際の資料を作成し、お客様の負担を減らします。

④システムテスト試験

発生した不具合内容を分析し、弱点機能を洗出します。不具合内容から観点が不足している場合は、追加試験をご提案させて頂きます。

■事例

不具合内容を分析し、弱点機能を分析し、観点不足が無いか、テスト追加実施有無を含めて対策を検討致しました。

​分析した結果、組合せ試験と高負荷試験の観点を追加することで、品質強化に繋がりました。

 

​⑤受入テスト試験

ガイドラインを1から作成致します。

■事例

プロジェクト毎に運営方法が違うので、ガイドラインを作成して、運営方法を統一したい。

​ガイドラインを作成することで、不足項目や漏れが無くなり、人依存から脱却し、プロジェクト全体の品質が向上致しました。

 

​⑥ベンダー受入テスト

​設計書を確認し、「誤解、抜け/漏れ、理解の難しさ」による認識不一致箇所が無いことを確認致します。

■事例

「難易度が高い機能」「S/W修正の際に影響範囲が大きい機能」を重点的に、設計書を再確認しました。難易度が高い機能程、”認識のずれ”、”複雑な文章”があり、誤解を与えてしまいます。誤解を与えない文章に修正することで、ドキュメント品質向上を実現しました。

 

​⑦負荷テスト

​設計書を確認し、「誤解、抜け/漏れ、理解の難しさ」による認識不一致箇所が無いことを確認致します。

■事例

「難易度が高い機能」「S/W修正の際に影響範囲が大きい機能」を重点的に、設計書を再確認しました。難易度が高い機能程、”認識のずれ”、”複雑な文章”があり、誤解を与えてしまいます。誤解を与えない文章に修正することで、ドキュメント品質向上を実現しました。

 
 

​⑧自動試験装置構築

​設計書を確認し、「誤解、抜け/漏れ、理解の難しさ」による認識不一致箇所が無いことを確認致します。

■事例

「難易度が高い機能」「S/W修正の際に影響範囲が大きい機能」を重点的に、設計書を再確認しました。難易度が高い機能程、”認識のずれ”、”複雑な文章”があり、誤解を与えてしまいます。誤解を与えない文章に修正することで、ドキュメント品質向上を実現しました。

ソフトウェア品質の安心・安全が手に入ります

お電話でのお問い合わせ

052-875-3266

営業時間 9:00~18:00(土日祝除く)

​見積り依頼

​最適なプランをご提案致します。

​お問い合わせ

品質コンサルタント、第三者検証

についてのご相談を承ります