top of page

【基礎編】『WBS作成意図を正しく理解しよう』

プロジェクト開始時は必ずWBSを作成していると思いますが、きちんと作成しないと進捗管理が甘くなり、正確な情報を把握することができなくなります。正しく理解していただくことが大切なので、詳しくご説明致します。

WBS作成意図を正しく理解しよう
WBSを作成してプロジェクトを円滑に進めましょう。遅れが発生した際の対処方法によってプロジェクト方向性が決まります。

目次

1.|WBSとは

2.|WBSの目的

3.|カントチャートとの関係性

4.|WBS作成方法手順

5.|WBSフォーマットを入手する

6.|まとめ



1.|WBSとは

成果物に必要な作業を洗出し、構造化したもの。Work(作業)Breakdown(分解)Structure(構造化)の略称。プロジェクトを進める際に、必要な成果物を記載して認識合わせをします。作業内容を細分化することで、作業漏れを発見することも可能ですので、有効手段の1つです。



2.|WBSの目的

WBSの目的は、システム構築までの作業を明確化することです。またWBSを作成することでメリットがあります。

・作業の漏れがなくなる

・規模間がわかる(作業人数・期間の明確化)

・認識合わせが可能になる

・優先順位の明確化が可能


注意点としては、不明確なタスクは記載せずに、作業進捗に合わせて細分化すると管理が楽になります。またバッファを設けることで、進捗遅延にも対応することが可能です。



3.|カントチャートとの関係性

ガントチャートはプロジェクトの全体進捗管理表になります。遅れが発生している際に一目瞭然で確認することが可能ですので、一般的にはWBSと組み合わせて作成します。(左側:WBS、右側:ガントチャート)



4.|WBS作成方法手順

①成果物を明確化する

最初に最終成果物を明確化します。関係者とコミュニケーションを取りながら作成しましょう。


②作業洗出し

必要なタスクを記載します。0から作成するよりも、過去の類似プロジェクトを流用することで、抜け・漏れが無くなり、工数削減にも繋がりますので有効活用しましょう。


スケジュールの作成と工数見積もりを記載したら、プロジェクトメンバーと認識合わせを実施して下さい。アドバイスを受けることで、作業漏れを発見できたり、効果的に作業が進めたり、情報共有に繋がりスムーズに取り組むことができます。


③完成

スケジュールと工数見積もりが完成した時点で、プロジェクト全体スケジュールに収まるかを確認します。この際に注意すべき点は、無理なスケジュールを引かないことです。5日作業を3日作業と記載していると作業遅延が発生し、残業でカバーすることになります。


正確なスケジュールを引いても、期日に収まらない場合は、要員を追加するか期日を延ばす必要があるので、PMに相談しましょう。



5.|WBSフォーマットを入手する

WBSの作成はエクセル運用している場合が多いので、気軽に始めることが可能ですし、無料版のテンプレートもあります。過去プロジェクトのWBSを流用しながら、カスタマイズすることで、プロジェクトを円滑に進める手段の1つだと思います。



6.|まとめ

WBSの作成方法についてご説明致しました。WBSは作業漏れを把握し、スケジュール遅延を早期発見するツールです。プロジェクト遅延が発生した時は、どの様にリカバリーするのかを検討して有効な対策を打ちましょう。


現行システムを理解する時間が不足していたり、コミュニケーション不足であったり、気軽に確認できる雰囲気作り等改善策は多々あるので、臨機応変に対応することでプロジェクトがうまくいけば幸いです。



留言


特集記事
最新記事
bottom of page