top of page

【基礎編】『試験仕様書の記載方法』


今回はソフトウェア品質を確保する上で、必ず実施する試験仕様書の記載方法について、ご説明させていただきますので、最後までお付き合いをお願い致します。

前回は特集記事として、マトリクスの記載方法について、ご説明させていただきました。

本日説明させていただく試験仕様書ですが、記載すべき項目について列挙します。


目次

1.|試験実施環境

2.|試験内容

3.|試験操作手順

4.|実施結果有無

5.|テスト項目番号や記号(通し番号)

6.|テスト実施日(年月日)

7.|テスト担当者

8.|不具合報告票番号(発生した不具合詳細内容を報告する帳票の識別番号)

まとめ

アドバイス 2022/06/21追記


1.試験実施環境について

試験仕様書の先頭に、試験実施環境を記載します。

具体的には、ハードウェア環境、ソフトウェア環境、ネットワーク環境など、「どの環境でテストを行うか」を説明します。

ポイントとしては、要件定義書に記載されている環境と同じであること。

相違点がある場合は違いを明確にし、要件定義書に記載されている内容を満たしている事を確認する事がポイントです。

例えば、試験環境に制限がある場合は、事前に「標準構成」と「負荷構成」と分けておくことで、テスト実施時に混乱しなくなりますよね。

</